別表神社

別表神社一覧

神社本庁が包括している一部の神社。
第二次世界大戦後、神社行政の変更に伴い、近代社格制度が廃止されました。
近代社格制度廃止後は、伊勢神宮を除く全ての神社は対等の立場であるとされましたが、旧官国幣社や一部の規模の大きな神社は、神職の進退等に関して一般の神社と同じ扱いをすると不都合があることから、「役職員進退に関する規程」において特別な扱いをすることと定めています。
その規程の別表に記載されていることから、「別表に掲げる神社」(別表神社)と呼ばれています。
当初の別表神社は旧官国幣社のみでしたが、次第に増加し現在では300社以上となっています。

東京都

神田神社(神田明神)
神田神社(神田明神)

“別表神社” の続きを読む

皇大神宮別宮 月讀宮 以下四別宮

皇大神宮別宮 月讀宮
皇大神宮別宮 月讀荒御魂宮
皇大神宮別宮 伊佐奈岐宮
皇大神宮別宮 伊佐奈弥宮

御祭神 <月讀宮>月讀尊
<月讀荒御魂宮>月讀尊荒御魂
<伊佐奈岐宮>伊弉諾尊
<伊佐奈弥宮>伊弉冉尊
鎮座地 三重県伊勢市中村町742-1
創建 804年以前
社格等 式内社
“皇大神宮別宮 月讀宮 以下四別宮” の続きを読む

伊勢神宮

伊勢神宮

伊勢神宮は、神社本庁の本宗とされています。
正式名称は神宮。
特別とされるので社格はなく、全ての神社の上に位置するとされています。

伊勢神宮には、太陽を神格化した天照坐皇大御神を祀る皇大神宮(内宮)と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮(外宮)の二つの正宮があります。
20年に一度、全ての社殿を造り替えて神座を遷す式年遷宮が行われます。
式年遷宮は、1300年にわたり繰り返されてきた神宮最大のお祭りです。
“伊勢神宮” の続きを読む

二十二社

二十二社

国家の重大事、天変地異の時などに朝廷から特別の奉幣を受けた神社。
神社の社格の1つです。
京都から遠方の神社はなく、主に畿内の神社から選ばれました。

上七社

皇大神宮 伊勢神宮(内宮) 豊受大神宮 伊勢神宮(外宮)
皇大神宮 伊勢神宮(内宮) 豊受大神宮 伊勢神宮(外宮) 石清水八幡宮
賀茂別雷神社 賀茂御祖神社 松尾大社
平野神社 伏見稲荷大社 春日大社

“二十二社” の続きを読む