准勅祭社(東京十社)

東京十社(准勅祭社)

東京十社は、明治元年(1868年)に准勅祭社と定められた12社のうちから、昭和50年(1975年)に定められた東京近郊の10の神社です。

明治維新後、東京に奠都した明治天皇は、明治元年(1868年)に氷川神社の例大祭を新たに勅祭に定めました。
その後、畿内二十二社などの勅祭社に併せて、東京近郊の主だった神社12社を准勅祭社と定めて東京の鎮護と万民の平安を祈願する神社としました。
しかし明治3年(1870年)には廃止され、准勅祭社の制度は一時的なもので終わってしまいました。
昭和50年(1975年)、昭和天皇即位50年を奉祝して、准勅祭社から遠隔の東京都府中市の大國魂神社と埼玉県久喜市の鷲宮神社を外し、23区内の東京十社を巡る企画が立案され、観光的な要素を濃くした「東京十社巡り」として現在に至っています。
“准勅祭社(東京十社)” の続きを読む

神田神社(神田明神)

御祭神 大己貴命(だいこく様) 少彦名命(えびす様) 平将門命(まさかど様)
鎮座地 東京都千代田区外神田2丁目16番2号
創建 伝天平2年(730年)
社格等 旧准勅祭社(東京十社) 旧府社 別表神社
“神田神社(神田明神)” の続きを読む

一宮

一宮

地域の中で最も社格の高いとされる神社
一宮の次に社格が高い神社を二宮、さらにその次を三宮のように呼びます。
一宮の起源は国司が巡拝する神社の順番にあると言われています。

東海道

尾張国

一宮 二宮 三宮
熱田神宮
真清田神社 大縣神社 熱田神宮

“一宮” の続きを読む

官幣大社

官幣大社

<近代社格制度>
明治維新以降、律令制下の「延喜式」による制度に倣って、新たに神社を等級化すべく作られた社格の制度。
大東亜戦争(太平洋戦争)後に廃止されました。

官国幣社の社格の順は、官幣大社、国幣大社、官幣中社、国幣中社、官幣小社、国幣小社、別格官幣社となります。
伊勢神宮は、「全ての神社の上にあり、社格のない特別な存在」とされました。

“官幣大社” の続きを読む

北海道神宮 月山神社 鹿島神宮
香取神宮 安房神社 氷川神社
日枝神社 明治神宮 三嶋大社

熱田神宮

御祭神 熱田大神
<相殿>天照大神 素盞嗚尊 日本武尊 宮簀媛命 建稲種命
鎮座地 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
創建 景行天皇43年(113年)
社格等 式内社名神大) 官幣大社 勅祭社 別表神社 尾張國三宮
“熱田神宮” の続きを読む