別格官幣社

別格官幣社とは近代社格制度における神社の社格の1つです。
国家に功績を挙げた忠臣を祭神として祀る神社です。
明治5年(1872年)に楠木正成公をお祀りする湊川神社が列格されてから、昭和21年(1946年)に制度が廃止されるまで、28社が別格官幣社に列格されています。
官幣小社と同格に扱われました。
“別格官幣社” の続きを読む

官幣大社

官幣大社

<近代社格制度>
明治維新以降、律令制下の「延喜式」による制度に倣って、新たに神社を等級化すべく作られた社格の制度。
大東亜戦争(太平洋戦争)後に廃止されました。

官国幣社の社格の順は、官幣大社、国幣大社、官幣中社、国幣中社、官幣小社、国幣小社、別格官幣社となります。
伊勢神宮は、「全ての神社の上にあり、社格のない特別な存在」とされました。

“官幣大社” の続きを読む

北海道神宮 月山神社 鹿島神宮
香取神宮 安房神社 氷川神社
日枝神社 明治神宮 三嶋大社